対校戦について

筑波大学附属高等学校ボート部では毎年4月の中旬頃に開成高校と学習院高等科それぞれの高校との間で対校戦を行っています。

開成戦は第一回目が大正9年(1920年)に隅田川で行われ、関東大震災や第二次世界大戦などで何度か中断があったものの、すぐに復活して回数を重ね、対校戦としては早慶レガッタを抜いて日本の中で最も歴史をもつようになりました。それだけに開成戦は両校共に幅広い年齢層のOBの方が応援にいらっしゃってくださります。もっと詳しく知りたい方は伝統の決戦の歴史をご覧ください。

学習院との対校戦は毎年6月に互いの高校の全運動部をあげて行われる学習院戦の一部となっていて、ボート部に関しては4月のうちに先行して行うという形になっています。

また、女子部では埼玉県の浦和第一女子高校との対校戦が開成戦と同じ日に行われています。

各対校戦の対戦成績は以下のページからご覧ください

« トップページに戻る